オンライン英語学習を続けながら取得してみたい英語の資格

qualification

英語の学習をしながら目指す資格というとTOEICやTOEFL、IELTS、英検といった資格が有名で、誰もが聞いたことのある資格だと思います。

オンライン英語学習では、特別に対策コースを準備している会社もあるので、効率よく学ぶことができます。

しかし、オンライン英語学習の資格を取得する特別コースの中には、仕事や生活で役に経つのか疑問の対策コースもあります。

資格を取るための勉強を独学で行うのは大変なので、指導力のある先生に聴いて学ぶと、目標までのモチベーションを保ちやすくなります。

リスニング力やスピーキング力は独学で覚えることは難しいので、相手と会話することで身に付きます。

スポンサーリンク

オンライン英語学習を受けながら英検を目指す

英検は1級から5級まで分かれていて成績が出され、5級と4級はリーディングとリスニングで、3級から1級には面接も含まれます。

準1級から上になるとライティングも必要で、英検を入学試験や単位認定の基準としている学校も多くあり、まれにアメリカやオーストラリアでも英検を資格として認める学校もあります。

英検の資格を取ることは、英語力を向上させるのにモチベーションを高めてくれるだけではなく、受験や留学や就職に直接関わってくるのでとても大切です。

国際的な資格であるTOEICを目指す

TOEICは国際ビジネスコミュニケーション協会が実施する、英語のコミュニケーション能力を測定するテストで、日本のみならず海外で役に立つ資格です。

学校ではTOEICは主にモチベーションの向上や授業の効果測定、入学試験の基準、また英語の単位認定の基準等として使われています。

一部の大学では自己推薦入試の時に、TOEIC700以上が必要だったり、英語学部でTOEICの点数によって単位を与えることもあるので、とても大切な資格です。

日本での就職活動ではTOEICの点数が大きく関係しますが、TOEICを受ける人はほとんどが日本人で、世界全体から見るとあまり知名度がないという人もいます。

(Visited 5 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする