オンライン英語学習の講師選びは大切?どんな関係があればいいのか

人間関係

オンライン英語学習で重要なのが先生の選び方です。

評判のよい学校でも、全ての先生が同じ技術を持っているわけではないので、誰に教わるかはモチベーションにも影響があります。

毎回の授業でどんな先生から教わるか、数が豊富な先生の中から選べますが、このシステムにはメリットとデメリットがあります。

相性の悪い先生だったらその日我慢すればすみますが、自分に合った先生であれば楽しく続けて行けます。

先生を決めていないと、毎回良い先生に教われる保証も無いので、先生を選ぶ時には注意が必要です。

スポンサーリンク

ネイティブだから教え方が上手いわけではない

先生を選ぶ時には写真とビデオ紹介があります。同じ授業料を払うのであれば、日本人よりもネイティブの先生から教わりたいと思いますが、教え方が悪くてあまり効果がないと感じる人もいます。

日本人と学んで日本語で教わると分かりやすいですが、外国人であっても、日本語が上手に話せる人は教えるのが上手なこともあるため、教えることが上手な先生を選ぶことができます。

先生が日本人でも外国人でも、英語を教えた経験の長さは重要で、英語を教えた経験が長ければ以前の失敗を改善していたりします。

いろいろなタイプの生徒を教えているので、誰もが分かりやすい自分の教えるスタイルを持っている可能性が高いです。

親切であることも判断の基準で、フレーズ以外の言い回しを教えてくれたり、簡単な英単語でも細かく解説してくれる人であれば有難いです。

どんな国の先生を選ぶかは大切

フィリピン人はコミュニケーション能力が高いので、教育を受けてきたフィリピン人にとって英語を教えることは割と簡単です。

英語を話す外国人でも、イギリスとアメリカは発音が異なり、RとTの発音にも違いがあります。

イギリス英語では母音の後のRは発音しないのに対し、アメリカ英語ではTをやや弱く発音するので、私たちには聞き取りにくい時があります。

アメリカ英語とイギリス英語の違いは日本の東北と関西の方言くらい違うので、ある程度は分かっても独特な言い方を知らないと理解出来ないこともあります。

(Visited 2 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする